追突事故で慰謝料に納得がいかない時には

追突事故の慰謝料が思ったより少なく感じるのは、加害者の一方的な過失が原因であることが多いため、被害者の過失は0になってしまい、自身が加入している自動車保険会社は示談交渉ができず、加害者側の保険会社が提示したままに決定してしまっていることが主な原因です。

交通事故の後遺障害とは

追突事故ではケガをしても比較的軽症であることも多いため、思ったより慰謝料が少ないではと思っている被害者も多いようです。交通事故の慰謝料は、入通院に要した期間を参考に、精神的な苦痛を算出し、計算を行っています。

軽症の追突事故では通院期間と比べて実通院日数が少なことが多いことから、慰謝料は安くなってしまいがちです。

被害者の過失割合が0の場合保険会社は介入できない

追突事故の場合、ほとんどのケースで被害者の過失割合が0になります。被害者の過失割合が0である場合、法律的の問題から被害者の加入している保険会社が間に入ることはできません。

特に信号待ちで停車していた時に追突された場合には、明らかに加害者であるドライバーの居眠りや脇見運転などの可能性が高いそうです。このような場合、たとえ軽症でも被害者は警察に届けを出して、通院をしながら、加害者の保険会社との示談交渉もすべて自身で行わなくてはなりません。

保険とは、事故を起こしその過失に応じてお金の援助を受けるために加入するものですので、被害者に過失がまったくない場合、被害者側の保険会社には関係のない話なのです。

慰謝料に納得がいかない場合は専門家に相談を

慰謝料は軽症の場合、非常に低額になってしまう可能性が高く、追突事故では被害者は加害者側の保険会社と直接、補償金の交渉を行う必要があります。そのため相手保険会社から支払われる慰謝料が少ないと思っても、示談を解決していま雨傾向があります。

このような場合、弁護士など、交通事故の法律に詳しい専門家へ相談することをおすすめします。より高額な慰謝料を受け取ることが期待できます。

まとめ

追突事故の場合、被害者も自身の症状を甘く見てしまいがちです。痛みや違和感を感じたらすぐに医師の診察を受けること、慰謝料に納得できない場合には、速やかに専門家へ相談することが望ましいようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です