交通事故の後遺障害で適正な慰謝料を得るための知識

交通事故に遭い、後遺障害や後遺症が残ってしまった際、今後の生活に多大な影響を与えることになります。万が一歩けなくなってしまった場合、また十分に働けなくなってしまった場合、交通事故の被害者はどのように生活していけばよいのでしょうか。

交通事故の後遺障害とは

交通事故における後遺障害とは、事故によって生じた後遺症全般の事です。事故の発生から6ヶ月が経過したあとも症状が完治する見込みがなく、医師に症状固定と診断され、自賠責の機関が後遺障害と認定することをいいます。

交通事故には後遺障害と後遺症という言葉がありますが、後遺障害は、交通事故によって被害者が受けた症状がまったく回復の見込めない状態の中で等級に認定されたものことをいい、後遺症は、交通事故によりケガをして、治療の末に残ってしまった症状を後遺症といいます。

後遺障害として認めてもらうためには認定が必要

後遺障害については後遺障害等級認定が認められて初めて、保険会社に請求可能となるのが一般的です。そのため、本人には首に痛みがある、手首などに違和感があるといった後遺症状があったとしても認定されなければ、後遺障害として保険会社に補償してもらうことは難しくなります。

裁判で争った場合においては、等級認定されていない後遺症について補償が認められた判例はなくはないですが、保険会社から任意の補償を受けるためには原則としてさまざまな条件をクリアする必要があります。

後遺障害を受ける際に注意が必要なポイント

痛みや症状が、交通事故によって生じたものであるという証明が必要です。医師による診断書も重要ですが、その症状がいつ頃から発生しているのか、客観的な事実が必要です。

また、レントゲンやMRIなどの画像による所見で判断できるものであれば問題ないのですが、神経痛などは証明が困難です。医学的に推定する事が可能であれば、後遺障害の等級は獲得できるでしょう。また、診断書により症状固定を受けていることも必要です。

まとめ

後遺障害等級認定は、症状がほぼ回復し、最後に請求する補償金になります。等級認定には、適切な書類提出が必須です。この最後の手間を惜しんだために、本来受け取ることのできる補償金が大きく変わります。

ただ、こういった専門的な書類の作成は難しいので、専門家に相談するのがおすすめです。特に交通事故の多い大阪で弁護士を探すなら、一発検索できる「交通事故解決ピット」が一押しですよ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です