交通事故の相談は誰にすべきか

交通事故になり、自分では解決することが不可能な状態になってしまった場合には誰に相談するのが良いのでしょう。通常は自信が加入している保険会社になると思いますが、そのメリット、デメリットについて考えてみましょう。

交通事故の相談を保険会社にした場合のメリット・デメリット

加害者、被害者、双方で自動車保険に加入しているケースで、被害者にも一定の過失割合がある場合には、その保険会社の担当者が交渉を代行してくれます。多くの場合は双方の保険会社の担当者同士が交渉をし、交通事故の解決を図ってくれますので、当事者は交渉の負担から解放されることがメリットです。

保険会社の担当者も、一般的なサラリーマンに過ぎず、法律の専門家ほど知識を持ち合わせていないため、専門知識を必要とする過失の割合などの主張・立証は困難です。また、過失割合が加害者10、自分0の場合は、保険会社は部外者にみなされて、示談交渉をすることができないのがデメリットです。

交通事故について弁護士に相談した場合のメリット

保険会社が提示する被害者への補償額は、それぞれの保険会社の基準により算出されます。弁護士に相談すると過去の判例に基づいた弁護士基準で算出されるため、保険会社の提示金額を大きく上回る妥当な補償額を受け取れる可能性が高くなります。

また、裁判になってしまった場合、弁護士は裁判所でのすべての法的手続において、金額の上限なく代理人になれることができるもメリットです。

交通事故について弁護士に相談した場合のデメリット

弁護士に支払う報酬が発生することが最大のデメリットです。ただ、弁護士に依頼したことにより補償額が増額した場合、その範囲で弁護士費用を賄うことができます。

そのため、高額な補償額が見込まれるケースでは、弁護士に依頼したことにより赤字になることはあまりありません。ただし、事故の内容によっては、時間と手間がかかる点は注意が必要です。

まとめ

交通事故の被害者になった場合、怪我の治療、自動車の修理や加害者もしくは保険会社との交渉など、非常に多くの事をこなさなければなりません。交通事故の程度や過失割合などを鑑みながら専門家に相談するのが一番です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です