人身事故証明書入手不能理由書の知っておくべき点

人身事故証明書入手不能理由書とは、交通事故の被害者になった際、何らかの理由で人身事故の届出を警察にできなかった時に、人身事故の証明書を入手できなかった理由を記した書類のことで、物損事故として届け出てしまったものを人身事故に切り替えるための書類です。

人身事故証明書入手不能理由書が認められるケース

人身事故証明書入手不能理由書を提出する際に認められる、人身事故の届け出が不可能だった正当な理由は、主に時間が経過してからケガの症状が出た場合です。そもそも人身事故との認識があったのに、故意に物損事故として届け出た場合は認められませんので、注意が必要です。

基本的には保険会社が記入し、送付されてきますので、自分で作成することはあまり多くはありません。場合によっては自身で記入するケースもあるかもしれませんので最低限の知識は必要です。

この書類は多くの場合には2枚に分かれており、1枚目は証明書の入手が不可能であった具体的な理由などを書きます。2枚目については保険会社が記入するので気にする必要がありません。

人身事故証明書入手不能理由書は人身事故の証明書ではない

人身事故証明書入手不能理由書とは人身事故の交通事故証明書が入手不可能だった理由を書く、自己申告制の書類です。人身事故証明書入手不能理由書を提出したからといって、保険会社がそれを必ず信用してくれるわけではありません。

人身事故であることを証明する書類は、交通事故証明書と呼ばれる書類になります。交通事故証明書であれば、人身事故があったという証明になるため、自賠責保険などから保険金の支払いを受けられます。

交通事故証明書はなるべく早く提出する

交通事故が発生してから約10日以内であれば、たとえ物損事故として処理したものでも人身事故に切り替えることが可能です。しかし、この期間を経過してしまうと、人身事故として認められないケースも考えられますので、なるべく早めに行動することをおすすめします。

まとめ

物損事故を人身事故へ切り替えることは、保険金の受け取りに直接関係してくる大切な対応です。人身事故証明書入手不能理由書の提出が必要な場合は、速やかに作成するようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です