交通事故で過失0の被害者も知るべき責任

被害者に過失がない、交通事故の場合には過失割合が0:10となり、加害者側が被害者に対して全額の損害賠償をすることになります。しかしもらい事故においても、被害者となるべきドライバーが無過失であることを証明できない場合、賠償責任を負うという判決がありました。

民法では「故意または過失により」と規定されている

不法行為とは、故意または過失により他人の権利や法律に基づき保護されるべき利益を侵害し、損害を与える行為のことをいいます。

民法第710条では、精神的損害についても賠償責任についても規定されています。そして第709条では、故意または過失による不法行為があった場合には、加害者が損害賠償の責任を負うこととなり、被害者に対して賠償を行う義務が発生します。

つまり、「故意または過失」でなければ、賠償責任を負うことはないと解釈できます。故意の場合は賠償責任を負うのは当たり前ですが、なすべき注意を払っていれば、賠償責任を負うことはないということになります。

自動車損害賠償保障法では無過失責任

交通事故などの損害賠償責任を規定している自動車損害賠償保障法の第3条では、民法の第709条にある、「故意または過失により」という言葉がありません。自動車損害賠償保障法第3条の前文だけを見た場合、ドライバーは、どのような場合でも損害賠償責任を負う可能性が出てくるのです。

これが、民法で規定している「過失責任」に対し、自動車損害賠償保障法では無過失責任といわれる理由です。

損害賠償の責任を負わなくてよい場合

地震で運転していた場合、過失が全くないことを証明すれば、損害賠償責任を追う必要はありません。道路交通法で規定されている注意義務をすべて遵守していたことを証明することが必要です。

また、運転する自動車の法定点検をしっかりと受け、整備を万全に行っていたことを証明すれば、損害賠償責任が課せられません。とはいっても、完全に責任を回避できるものではなく、逆に法定点検を受けていない、整備をしっかりとしていない場合には、より責任が重くなるのが通例です。

まとめ

ドライブレコーダーだけで無過失であることを証明することは困難ですが、立証が容易になることは間違いないので、安全運転を心がけ、防衛手段を講じておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です